オーダーパイン家具製作工房エムズエフ  
エムズエフ-M'sF-のご紹介 家具ご注文方法 オーダーフォームへ ブログへ リンク集 トップページへ戻る
fandsトップ写真 fandsトップ写真
fandsトップ写真 fandsトップ写真
Homeabout M 's F>工房とスタジオのご紹介


       
 
 
白い板張りの壁、無垢パイン材のナチュラルな仕上げの床・・・

エムズエフの家具を体験できますので、お気軽にお越し下さい。


 
 
 

雑貨が似合います

工房の一部です

パイン材の床







思いを託された家具作りは、4mの何枚もの板から始まります。

お客様の代わりに組み立てキットを組み立てている訳ではありません。

家具製造に不可欠などっしりした木工機械と手道具を駆使して形にし

そして最後に塗装をしていきます。





  エムズエフ製のパイン家具について

 


  エムズエフでは、見積りから配送に至るまで全て

私が責任をもって対応しています。

図面も完成品を想像しながら手書きで書いておりますので

量産にはない心のこもったお客様だけのオーダーメイドを

提供していますので、ぜひご要望をお伝え下さい。









エムズエフは、ヨーロッパ〜ロシアに分布しているレッドパイン材(別名スコッチパイン)を使用して

います。なぜレッドパイン材と 言うと開業当時はポンデロッサ・ホワイト・イエローパインとネットで

手軽に入手できた事で、米材を使って来た事もありました。しかし手に触れて耐久性・固さ・経年時

の雰囲気はレッドパイン材の右に出る物はありません。貿易が発展していなかった何百年前から

ヨーロッパで使われた『地松』を贅沢に使う事がエムズエフのこだわりです。北欧はログハウスなど

歴史と共に建材や家具に今でも使われた事は実証済み。同じく香りも特徴でアロマオイルにも

使われ最近では シックハウスの原因ホルムアルデヒトを解する成分が含まれてる事が

研究で明らかになっているそうです。 ヨーロッパ大陸で育った地松で本場の雰囲気を醸し出す

パイン材でアンティーク家具を一緒に育て作っていきましょう!


 



本体や引き出しの底板・本体の裏板・テーブルの脚もレッドパイン材で製作しています。

お使いになって、普段目にしない所まで無垢材ですので、10年・20年と使用されると

色の変化などご満足していただけることでしょう。


※一部キッチンやマントルピースは、要望があればご予算に合わせ

シナランバーコア材も取扱いを始めました。


 



最後の仕上げ塗装にも、人や家具に優しいミルクペイントやオスモウッドワックスによる

仕上げを施しております。そして何よりも
製作した者が丁寧に塗装をする。私一人の手だけで

完成させる事が納得できる製品が生まれるのです。あえて家具の全てを塗るわけではなく

ご自宅に届いたら甘い無塗装部分のパイン材の香りも楽しめると思います。


   積み重ねてわかる優しい艶 

 
大量生産で見られるウレタン樹脂塗料
 


 最初は光沢があり高級感があります   10年後ボロボロに 


もちろん塗装膜を張るウレタン樹脂塗装の家具は、木に触れているのではなく、塗装膜に触れているのです。

たった10年でキズから空気が入り、ボロボロと取れて塗り替え張り替えが出来無くなった自宅の床。

現在使われてる物も、語りつくせぬ家族の思い出もあります。 あくまでも私の見解で、良し悪しはそれぞれ選ぶ人の

価値観や思いで選択されると良いかと思います。

 



家具の構造

 


   

量産や簡単に板を入れる棚通しではなく、扉と同じ手間を掛けホゾ組みをして側板と引き出しを受ける摺り桟は

収縮方向が違う為、ビスなどで留めるのではなく、接着せず隙間を開けて側板の収縮に対応させています。
 

一番下の台輪、こちらは住宅で言うと基礎になります。

組み立てキットと違い、本体を作り面材をボンドで留めて、はい!終わりと言う訳ではありません。

相手が合板などあまり変化のない材は良いのですが、木目が縦と横で違いますので、別に台輪を作り

その上に乗せた作りになりますので
、台輪の上に一番下の地板が正面から見えます。





抽斗

 


   

キャビネットと違い奥行きの余裕のある物に関してだけですが、テーブルやデスクの抽斗は天板から奥にある構造をしています。

その分感覚的に引き出す勢いを考慮して、側板の後ろを伸ばして作り、抽斗を落とす事の無いような作りにしています。

引き出しの飾面を付けるタイプも、また量産家具に見られるピン(釘頭)が見えない仕事をしています。

小さな事ですが、綺麗な仕事をするという意識で物作りをしています。





扉の加工

 


   

途上国などで作られる量産家具とは違い、扉作り専用の刃物を使って簡略化せず、ホゾ組を作り製作しています。 
 
扉を留める丁番にも、スタンダードな平蝶番の

真鍮の綺麗な物をを使い、家具製作をしています。

簡単にビス留めで終わりという仕事ではなく

ノミで掘り込み3か所でしっかり留める。

エムズエフでは他社ではしない、手仕事の残る家具作りをしています。







連絡先
◆住所 〒959-1325 新潟県加茂市神明町 2-17-10 ◆TEL 090-9426-2184 ◆FAX 0256-52-4832 ◆E-MAIL  info@msf-pine.com
エムズエフ-M'sF-のご紹介 家具ご注文方法 オーダーフォームへ ブログへ リンク集 トップページへ戻る
 
Copyright (C) 2007 M 'sF All Rights Reserved.